古酒(クース)を楽しむ

   

\LINEお友達大歓迎/
ご愛飲中商品のお声募集中♪

友だち追加

2020年 9月 10日
【沖縄天気】くもり 気温30℃

沖縄のお酒と言えば「泡盛」です。11月1日は「泡盛の日」、9月4日は「古酒(クース)の日」として制定され、毎年、泡盛や古酒を楽しむためのイベントが開催されます。

泡盛は、焼酎のルーツともいわれる国内最古の蒸留酒。1470年頃には造られていたようです。タイ米(インディカ米)と黒麹菌を使用しているのが特徴で、飲み口はさわやか。今や日本中で飲まれているお酒です。現在では、技術が発達し、多くの量を製造できるようになりました。

また泡盛は、寝かせれば寝かせるほど味わい深く、香りが芳醇になるのも魅力。時間が経つと泡盛自体の成分が熟成し、味わいが変化していくんです。「古酒(クース)」とは、3年以上熟成させた泡盛のこと。宮古島には、洞窟を貯蔵庫にして泡盛を寝かせる蔵があるんですよ。

泡盛や古酒について学んでから飲む1杯は、更に味わい深い格別なものになるはずです。
機会がありましたら、泡盛や古酒を味わってみてはいかがでしょうか。

\LINEお友達大歓迎/
ご愛飲中商品のお声募集中♪

友だち追加

写真クレジット:OCVB

しまのやスタッフ:吉田 梓

 - 絵日記