冬に味わえる島野菜

      2020/02/27

2020年2月26日

【沖縄天気】晴れ 気温:23℃

沖縄の島野菜といえば、ゴーヤーやオクラのように夏のものが多いイメージですが、冬の時期に旬を迎える食材もあります。

11月から収穫が始まる島にんじん。細長いシルエットに鮮やかな黄色が特徴で、ほのかな甘みが料理のアクセントになります。また、カロテンを含むので免疫力アップにも良いと言われています。

独特の粘りと甘みがある田芋は、12月から見かけます。生で食べるよりも、揚げたり、マッシュしてスイーツの材料に使われることが多いです。親芋からたくさん小芋ができるため、子孫繁栄の縁起物として正月や盆などの行事料理に欠かせない食材です。

冬も暖かい沖縄では島野菜だけでなく、果物も豊富。1月〜4月にかけて見られるカニステルは、別名「エッグフルーツ」と呼ばれています。食感は、卵の黄身のようにしっとりとして柔らかです。

また、特に人気なのがタンカン。甘味と酸味のバランスが良くてジューシー。タンカン(桶柑)という名前は、昔、行商人が短い桶で運んでいたことから由来しているそうです。色、味、形など、どれも個性的な島野菜や果物。沖縄に訪れる機会があれば、ぜひ味わってくださいね。

\沖縄情報、お得情報はコチラ/友だち追加

写真提供:OCVB、写真AC

企画スタッフ:吉田 梓

 - 絵日記