夏の風物詩「エイサー」

      2019/08/29

2019年 8月 29日

天気:雨 気温:31℃

沖縄を代表する伝統芸能のひとつ「エイサー」。お盆に先祖の霊を送迎するために踊られる踊りで、県外でいう盆踊りのようなもの。三線の音色にのせた躍動感あふれる演舞が、見る人を魅了します。


ダイナミックでありながら、一糸乱れぬ踊りは迫力があります。特に力強く、なめらかなバチさばきが見どころの大太鼓は、エイサーをリードする存在です。


また、しなやかな女性の手踊りは、踊りに華を添えます。四つ竹というカスタネットのような打楽器を持って踊る地域もあります。


さらに、チョンダラーと呼ばれる道化師も。ふざけているように見えて、観客を盛り上げたり、エイサーの陳列を整えるなど重要な役割を担っています。

いろいろな役割がうまくかさなって勇壮な演舞を披露するエイサー。機会があれば、ぜひ生で観覧してくださいね。

 

写真:OCVB
しまのや企画スタッフ

 - 絵日記