沖縄のお盆

   

2019年 8月 22日

天気:晴れ時々くもり 気温:33℃

8月13〜15日は、ご先祖様をお迎えして供養するお盆でした。沖縄は旧暦に行うことから「旧盆」といわれていますが、今年は新暦と同じ日程で行われました。

沖縄では、ご先祖様をもてなすため親族一同が集まり、オードブルや刺身をはじめとした豪華な料理を用意します。普段、県外に住む親族も帰省し、久しぶりの再会に大賑わい。仏壇を前に夜遅くまでお酒を飲み交わすことも。

お盆最終日の夜は、重箱に紅白餅や豚の三枚肉などの料理を詰めた「ウサンミ」をお供えします。重箱の上に乗った黄土色の紙は「ウチカビ」と呼ばれるあの世のお金。

ご先祖様を送り出す際にウチカビを燃やし、「あの世でお金に困らないように」という想いを乗せて煙となって天へ届けられます。お盆の過ごし方は地域や家庭によって様々ですが、ご先祖様を大切に思う風習は、これからも子や孫へと大事に受け継いでいきたいものです。

 

撮影:本島南部、一部写真ACより

しまのや 企画スタッフ

 - 絵日記