花ブロック

   

2019年 4月 25日

天気:くもり一時雨 気温:29℃

沖縄でよく見かける、独特の透かし模様が入ったブロックの外壁。

厳しい日差しをほどよく遮りつつ、風を通してくれるので、暑い沖縄には欠かせない存在です。無機質なコンクリート製なのに、「花ブロック」という柔らかい響きの名が付けられ、古くから多くの人に親しまれています。

沖縄以外にも似たようなブロックはあるようですが、花ブロックの元となったのは、アメリカから持ち込まれた「スクリーンブロック」といわれています。

海に囲まれた沖縄ならではの「波」をモチーフにしたものや、県内で織られている「絣(かすり)」をベースにしたものなど、さまざまなオリジナルデザインのブロックが生み出されました。

鳩も心地よい休憩所として活用している!?花ブロック。昼の日差しを遮る花ブロックは、夜になると建物の内側からの光を通し、まるで大きなランプシェードのような光景を生み出します。昼と夜で、まったく異なる顔を見せてくれる花ブロックです。

 

撮影:沖縄県各地、一部フリー素材

しまのや 企画スタッフ

 - 絵日記