沖縄てんぷら

   

2019年  3月 28日

天気:くもり 気温:25度

今回は、うちなんちゅ(沖縄人)のソウルフードのひとつ「てんぷら」を求めて、ドライブへ行ってきました。

てんぷらといえば、サクッとした薄い衣のイメージがありますが、沖縄の場合は、本土のとは少し違っています。ちょっぴり塩の効いた衣と、ぽってりとしたシルエットが特徴です。

仕事帰りにてんぷら屋さんに立ち寄ったり、祝い事で食べたりと、子どもから大人まで慣れ親しんだ味です。また、沖縄ではおやつとしても食べられています。今回、訪れたてんぷら屋さんは目移りしてしまうほど美味しそうなメニューがずらり。1個65円〜とお手頃なので、ついつい買い込んでしまいます。

種類豊富なてんぷらの中から、オススメのベスト3をご紹介します!

【第1位】モズク→弾力のあるモズクの食感と、ほどよい塩加減が食欲をそそります!

【第2位】魚てんぷら→てんぷら屋さんに立ち寄った人は必ずと言っていいほど買ってしまうのではないでしょうか。魚の身が柔らかくて美味しいです。

【第3位】うむくじてんぷら→聞き慣れない名前?!こちらはふかした紅芋とタピオカ粉や片栗粉などを混ぜたもので、外側はカリッとしていて、内側はもちもち。この食感と紅芋の甘みがやみつきになります。

沖縄にいらした際には、ぜひ一度食べてみてください。

 

撮影日:2019/3/13

撮影場所:南城市

しまのや 企画スタッフ

 - 絵日記