やちむん市

      2019/03/07

2019年3月06

天気:雨のちくもり 気温:20度

読谷村で開催された、沖縄県最大級のやちむん市に行ってきました。やちむんとは、沖縄の方言で「焼き物」のことです。沖縄はやちむんの産地として有名で、湯呑やお茶碗などたくさんの職人さんたちが作っています。

やちむん市に行くのは、実は今回が初めて。「売り切れちゃうので、朝早くから行ったほうがいいよ」と、友人からアドバイスされたこともあり、初日の午前中に、会場に行ってみました。しかし、すでに遅かったようです。会場は、たくさんの人で溢れかえっていました!

通常よりも安価で販売しているのも人気の理由のひとつです。「お気に入りが売れちゃうんじゃないか」と、あせる気持ちを抑え、会場マップで出展している工房をチェックしました。

どの工房も魅力的な作品ばかりで、選ぶのに時間がかかってしまいました。

器だけではなく、こんなかわいらしい植木鉢も発見しました。

悩みなながらもお気に入りの皿を1枚をゲット。知らなかった作家さんの作品とも出会えて満足な1日でした。やちむん市は、毎年2月に開催されます。お祭りのように盛り上がりますので、ぜひ会場に足を運んでみてください。

撮影日:2019/2/23

撮影場所:読谷村

しまのや 企画スタッフ

 - 絵日記