ひと足早い桜

   

2019年1月17日

天気:雨のち曇り 気温:16度

沖縄ではひと足早く…こちらの花に癒されています。ちょっと季節が違うように見えますが、沖縄の桜、寒緋桜が徐々に花をつけ始めました。寒緋桜は一度寒さを経験してから暖かくなるとつぼみから花が開きますので、沖縄本島北部の方から南へ向かいます。桜の開花宣言は沖縄では南下しながら発表されます。

日本一早い「桜まつり」は美ら海水族館のある本部(もとぶ)町の八重岳で1月19日(土)~2月3日(日)に行われますが、この日1月14日には数本の木にピンク色の寒緋桜が鮮やかな彩りを見せていました。全ての寒緋桜が満開ではありませんでしたが、訪れる人の目を楽しませてくれました。沖縄の花見の方法も一風変わり、ドライブを兼ねて車内から桜を楽しむのが沖縄流です。

またこの日は別の場所で可愛いコスモスも発見しました♪私は道路沿いに咲いている花を見るとつい止まって見入ってしまいます。コスモス畑も冬の寒さを吹き飛ばしてくれます。

可憐なイメージを持つ「コスモス」ですが、一輪、一輪よく見ると寒さにも負けず元気に咲いています。風に吹かれ横になびく花は元に戻ったときのキリっとしている花からは可憐なイメージを覆す一枚です。

那覇から本部町に向かう道中にも夏を象徴する「ひまわり」が花を広げていました。元気が良いのか、すでに満開を迎えていました。最後のひまわりには元気をもらい、心まで温かくなりました♪

撮影日:2019/1/14

撮影場所:本部(もとぶ)町他

沖縄コールセンター 竹内 大輔

 - 絵日記