伊計島

      2018/12/13

2018年12月13日

天気:曇り 気温:20度

沖縄本島中部のうるま市に勝連半島から橋でつながった4つの離島があります。平安座(へんざ)島、浜比嘉(はまひが)島、宮城(みやぎ)島と伊計(いけい)島です。この中でも伊計島は勝連半島から一番離れた島で周囲7kmほどの平坦な小さな島に、サトウキビ畑が広がっています。下の写真のようなシーサーに守られた赤い橋を渡って行きますが、眼下には青の海が広がっていました。沖縄方言で伊計は「イチ」といい、伊計島は「イチジマ」「イチハナリ」と呼ばれ現在は車で渡れる離島として人気を集めています。

島の中には石を積み上げた塀のお家が、今でも点在しています。石の積み方がなんともノスタルジックで、こんな風景にも癒されますね。

隣のお家との境界線である、石塀には飼われているのか、自由に生きているのかはっきりとしませんが子猫がいました。そばによってもすぐには逃げず記念撮影に応じてくれました。

初めて島を一周しましたが、北端に近づくと広がる畑のそばに灯台を見つけました。高さが14mもある立派な灯台で周囲の海の安全に一役かっていました。

 

撮影日:2018/11/27

撮影場所:沖縄県うるま市伊計島

沖縄コールセンター 竹内 大輔

 - 絵日記