子ヤギ

      2018/11/30

2018年11月29日

天気:晴れ時々曇り 気温:24度

「ヤギ」のことを沖縄の言葉では、「ヒージャー」といいます。ヒゲがあるものという意味です。日本にいるヤギのおよそ30%が沖縄に住んでいるといわれます。山羊と書くように高いところが好きなようです。一度離島を歩いていた時、柵に囲まれた高低差のある牧場の中で急な崖を平気な顔で昇っていました。落ちたらケガをしてしまいそうな場所でしたが、なにごともなく、昇る光景を見せてくれました。ジャンプが得意で、木の枝を食べるため後ろ足の二本足で立つこともできますよ。ヤギは個性が強く、集団行動は不得意なようです。

兄弟なのか?とても仲が良く草の取り合いなどは一切見かけませんでした。顔を出し餌のおねだりです。

こちらの小屋には違った種類のヤギが入っていましたが、ヤギは違う種類のなかでは同じ種類のヤギで集まる習性があるようですが、一匹どうしでは、どうすることも出来ず楽しそうに養われていました。

写真を撮っている最中にヤギがいきなり顔をカメラに近づけたので、超アップになりました。ヤギの目は横に長いので後ろもよく見えます。黒目の大きさは人間の瞳と同じように、目に入る光の量を調整しています。暗くてもよく見え、夜も行動できます。おとなしそうな顔立ちをしていますが、好物の草を上げると口に入れたとたん顔を横にして自分のものにしていました。最後に可愛い声で「うめーーー」と鳴いてくれますので、つい何度も草をあげたくなります。

 

撮影日:2018/11/13

撮影場所:県内各地

沖縄コールセンター 竹内 大輔

 - 絵日記