花丁字

   

2018年10月18日

天気:曇りのち晴れ 気温:26度

花の形が漢字の「丁」に似ていることから「花丁字」と呼ばれている花があります。メキシコ原産で、沖縄ではよく庭先に植えられており、一年中見ることができます。茎が根元から上に立ち上がっていますが、1mほどになると自然に地面に向かって垂れ下がり、筒状の真っ赤な花を咲かせます。花色は白もピンクもありますが、私は未だ見かけたことはありません。また他にも呼びかたがあり「ラッセリア」とも言います。

小さな池に涼しそうな蓮の花と赤い花丁字が咲いていました。ピンクと赤のコントラストが映えていまいした。

葉のついていない緑色の細い枝が密生して伸び、花冠の先は4つに裂けた筒状で真っ赤な細く、すらったした花を1本の主枝に100個を越える花がつけ、辺り一面を明るくさせます。

★おまけ★
木の祠にまた新しい芽が出て成長しています。祠だけに誇らしげに生きています。

 

撮影日:2018/9/3

撮影場所:東村ほか

沖縄コールセンター 竹内 大輔

 - 絵日記