ビーチの周り

   

2018年5月10日

天気:晴れ時々曇り 気温:27度

先日、夏日が続いた日に久しぶりにビーチを歩いてみました。2時間ほどかけて散歩しましたので、たっぷりの汗をかきました。ハンカチなどでは間に合わずタオルを首にかけ、汗をふきながらの散歩でした。観光客なのか?ビーチの浅瀬で海水浴をしたり、学校のレクリエーションで球技を楽しんでいたり、このビーチには賑わいが訪れていました。

ビーチの周辺を歩いていると、知らないとパイナップルと間違えそうなアダンが実をつけていました。完熟しても美味しくないので誰も採らないのか、実は熟してもいつまでも付いていました。又、沖縄のウォーキングの基本は熱中症、紫外線対策をしっかりしないと大変なことになるので、サングラス、日焼け止め、水分補給の暑さ対策には十分注意をしなければなりません。

別な場所にある遊歩道にはテッポウユリの花が咲いていました。日本固有のユリで海外でも人気があり、明治時代には輸出も始まっていたそうです。花言葉は「純潔」で清らかなイメージが似合いますね。

とある建物の入り口でひょうきんな姿のシーサーに出会いました。余りにもリラックスしているので、思わずニッコリ、散歩の疲れもいっぺんに吹き飛びました。皆さんもビーチの周りを散歩などいかがですか。新たな発見ができるかも知れませんよ。

 

撮影日:2018/5/2

撮影場所:沖縄県北谷(ちゃたん)町

沖縄コールセンター 竹内 大輔

 - 絵日記